2011年07月18日

無理やりですが...。





こんばんわ。


大型台風が近付いてます。

ショコラ地方も明日からぐずついた天気になりそうです。




さて、プレーバック・マイ・ブログですが、


2年前のこの頃、一冊の漫画本を紹介しておりました。



星守る犬.jpg

星守る犬 by Amazon

漫画本ですが、泣けます。

素朴な絵、犬のハッピー、おとうさんの一言、じわじわと泣けてきて、
でも、読み終わった後はなぜか幸せな気分になれます。

どうぞ、一読あれ。



この時は、知名度も低く、映画になるなどとは思ってもいませんでした。

今では、この本を知らない人は少ないと思います。

紹介した甲斐があったのかな〜?



私は、映画館に足を運び映画を観る事は殆どありませんので、

この映画もきっと、DVDになってから、レンタルで見るとおもいます。



映画と言えば...。(無理やりな導入)

最初に見た映画を覚えていますか?

たぶん私は、怪獣映画だったと思います。

母親と一緒に見て、家に帰るなり、

『でっかいテレビを見てきた〜っ!』っと、祖父に言ったそうです。



その後、中学生になるまで映画館には行かず、

テレビでの鑑賞だったのですが、

夏休みに、指定映画は友達と行ってもOKとの事で、

グリズリー、地底王国(古っ)を見ました。

そして、恐怖映画『サンゲリア』を観た時、映画の恐怖より、

その音楽に魅かれたのです。(また音楽かよっ!)

きっと私の音楽のルーツはこの映画ですね。


以後、

『サスペリア』 − ゴブリン

『エクソシスト』 − マイクオールド・フィールド

『地獄の報酬』 − タンジェリン・ドリーム

『インフェルノ』 − キース・エマーソン

など...。


エクソシストの音楽は、先に音楽が気に入って調べてみたら、

映画に使われていたと言う物でした。


『2001年宇宙の旅』にオーケストラの楽曲が使われると、

『スター・ウォーズ』でも使われ、

オーケストラの映画音楽も好きになりました。



これまた、マイナーなのですが、

『ブラック・ホール』(ディズニー)の音楽が一番好きです。

なぜマイナーが好きになるのでしょうね〜。

ディズニー映画なのに、DVDにもなってません。

サントラLPを買ったほど好きだったのですがねぇ〜。



昨日、『アバロン』と言う映画を借りてきました。

この音楽もピカイチですね〜。

押井守監督作品です。

下の音楽は、川井憲次 - Log in です。






本日も支離滅裂ですが、これにて終了。







↓ 新ブログのリンク先です。


1成績06.jpg









ランキングに参加してます。宜しくお願いします。

1バナー02.jpg



1バナー04.jpg





コメント欄は閉じませんが、

お返事は、コメントくださった方のブログへの

訪問に換えさせて頂きます。

ブログを持たれてない方へのお返事は、

遅くなりますがさせて頂きます。

posted by ゴン太0135 at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする